結婚指輪の相場はどのくらいなのか

結婚指輪の相場はどのくらいなのか

結婚指輪を購入する際、確認しておきたいのが平均相場です。
平均的な価格はペアリングで約25万円ほどとなっています。
ただ、この金額はあくまで平均で年齢によっても少し相場は変わってくるようです。
24歳以下は25万円、25~34歳は約27万円前後、35歳以上は30万円前後という費用が結婚指輪の平均です。
このように年齢が上がるにつれ指輪の価格も高くなる傾向にあります。
また年収でも平均価格のデータがあり、年収300万円以下の場合ペアで15万円~25万円、年収400万円以上の場合25万円~35万円台が目安です。
もちろんこの価格はあくまで平均でリーズナブルなものなら指輪1本で約3万円ほど、高いものだと50万円を超えるものもあります。
人生でも結婚指輪は特別な指輪ですので、値段だけを考えて決めるものではありませんが、平均価格を前もってチェックしておくことで、結婚指輪選びのポイントとなる予算も決めやすくなります。

結婚指輪を安く抑えるために必要なこととは

結婚指輪を購入する時には、必ずペアで一つのセットになります。
指輪二つ分なので、結婚指輪は高いのではないかとイメージする人も多いでしょう。
結婚はしたいし、指輪も用意をしたい。
しかしできれば安く抑えるようにしたほうが、今後の生活にもお金がかかるので、指輪の価格はなるべく安くと考える人も多いです。
ペアセットで購入するのが前提な結婚指輪ですが、安く抑えるためにはどんなことに注意が必要でしょうか。
その一つが、シンプルなものを選択することです。
デザインが複雑になるほど価格は高くなります。
また価格は安いほうが良いけれど、品質にこだわることも重要です。
なぜなら、結婚指輪は長い期間使うものだから。
長く使用してもあまり変色をしない材質の物を選択することが重要です。
品質が良いものは、価格が高くなることもありますが、ネットや雑誌を参考にして探していけばきっと良いものが見つかるはずです。
その上で二人の納得できるものを選んでいきましょう。

著者:福谷二三夫

筆者プロフィール

千葉県千葉市生まれ。
高級ブランドの指輪販売員として長年勤務。
後悔しない結婚指輪の選び方をまとめました。